スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記憶 妄想
060406.jpg

小学生の頃、体育の授業中の校庭に、突如竜巻が発生した。猛烈な砂嵐で目の前が黄土色に包まれ、全身に砂粒が真横から激しくぶつかった。僕は大きなイチョウの木にしがみついて必死にこらえた。数秒の後、竜巻は突然消え去り、青空の下、僕達は何事も無かったかのように体育の授業を再開した。

けだるい昼下がりの夢のような記憶なので、本当にあったことなのか次第に自信が無くなってくる。あれは夢だったのだろうか。でも僕は、今でも目を閉じると、あの視界一面の黄土色と全身を叩き付ける砂の感触をはっきりと思い出すことができる。
  管理者にだけ公開する


トラックバックURL
http://sokra.blog28.fc2.com/tb.php/75-e3d7a197

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。